二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

サイトマップ

悪酔いの防止方法を紹介

悪酔いを防止するための情報をまとめているページです。

自分の中で確実に悪酔いを防止することが出来ると感じる方法を1つ持っておくと、どんな時でも安心してお酒を楽しむことが出来ますよね。

  • 翌朝の目覚めがよく疲労感も残らない
  • 肝臓のケアも出来て将来の健康のためにもなる

 

自分のためだけではなく、家族のためにもなるのが悪酔い予防です。

 

悪酔いを防ぐためには食事、ドリンク、サプリなど様々な方法があります。

 

「最近、お酒を飲むと翌日に疲れが残るようになってきた」

「肝臓も心配だから、そろそろケアしながらお酒を飲みたい」

 

いつでも続けやすく、しかもしっかり実感出来ているのが、

このすこやか工房から発売しているゲンキウコンというサプリです!

コンビニや薬局の悪酔い防止ドリンクと比較しても、1回あたりのコスパも良く、粒タイプなので飲みやすいです。

 

ゲンキウコンを始めてからは、

 

  1. 悪酔い知らず
  2. 肝臓数値も正常で安定
  3. 活力がついて疲れにくくなった

 

「いつからか翌日のことや肝臓のことを心配しながらお酒を飲むようになっていた、、、」

ゲンキウコンのおかげで、若い頃のようにお酒を楽しく飲むことが出来るようになりました。

 

>>>ゲンキウコンの限定キャンペーン情報はこちら!

 

 

 

悪酔いを防止するためには、

  • 風邪を引いている時には飲み過ぎないようにする
  • 睡眠時間が短い時は飲む量に気を付ける

といった日頃の体調管理に関わる方法はもちろん、

 

  • 飲酒前、飲酒中、飲酒後に出来る方法

 

さらに、

  • 食事、ドリンク、サプリ、薬を上手く活用する方法

などがあります。

成分の作用で肝臓の働きをサポートをすることで、アルコールやアセトアルデヒドの分解を助けることが狙えます。

 

 

コンビニで購入した悪酔い予防のドリンクは、イマイチ効果を体感できなかった

悪酔い防止の製品は種類が多すぎてどれが本当に効果があるのか選べない

ドラッグストアでどんな市販薬を買っておくといざという時に役立つの?

食事で悪酔いを防止する方法は、メニューが自分で選べない飲み会では通用しないのでは?

出来るだけ簡単ですぐに実践出来て、しかも悪酔い防止効果がある方法が知りたい

 

そのような時にはぜひ当ページの情報を参考に悪酔い防止に取り組んでいってください。

 

悪酔い予防にイチオシの方法は?

二日酔いの予防や悪酔いの防止と言えば、ウコンやしじみのオルニチンに関連した製品が多くありますよね。

あるいは、お酒を飲む前に牛乳を飲むと良いという方法を聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

悪酔いを防止するための方法や商品には色々なものがあり、中には効果がないのに都市伝説として広がってしまった方法もあります。

 

「コンビニや薬局で買って試してみたけど全然だった」

という経験は誰もがあるのではないでしょうか。

 

しっかりと悪酔いを防止して二日酔いを予防するためには、本物志向の専用サプリがおすすめです。

中でも、

  • 健康診断で肝臓数値が正常に近づいた
  • 活力がついて毎日を朝からエネルギッシュに過ごせるようになった
  • 悪酔いもしないし翌朝もすっきり二日酔い知らず!
  • お酒を飲むことが楽しくなった

 

そんな評価も多いのが、肝機能をサポートする成分「クルクミン」の含有量が多いすこやか工房のゲンキウコンです。

 

ウコンには紫ウコン、秋ウコン、春ウコンなど色々な種類があるのはご存知でしたか?

 

ゲンキウコンはその中でもクルクミンの含有量が圧倒的に多いクスリウコンから作られたサプリです。

そして、クスリウコンから作られているサプリで一番売れているのがゲンキウコンなんですね。

 

クルクミンが胆汁の分泌を促進することで肝機能が高まり、悪酔いの原因物質であるアセトアルデヒドやアルコールの分解を助けます。

ゲンキウコンのクルクミンの力が悪酔いの防止に一役買ってくれます。

 

ゲンキウコンはキャンペーンがやっていることも多く、モニター募集中ならばコンビニや薬局で売っている悪酔い防止ドリンクよりも1回あたりお得です。

初回980円で30回分を試せるので1回あたりの価格は32円程度になります。通販にありがちな回数縛りもないので、私も思い切って使ってみることが出来ました。

 

悪酔いを防止することが出来ているし、翌日の朝の目覚め、一日の活力もとても良い感じで過ごすことが出来ています。

肝臓も元気で、晩酌でも飲み会でも大活躍だし、ゲンキウコンなしのお酒は今では考えられません。

 

食べ物や栄養ドリンクと違ってラクに対策できるし、うっかり忘れそうになっても飲酒前、飲酒中、飲酒後のいつでも使えるので重宝しています。

 

>>>ゲンキウコンの限定モニターはこちらで募集中!

 

 

その他の二日酔い防止方法は?

サプリや悪酔い防止ドリンク以外にも二日酔いを予防する方法はたくさんあります。

 

血中のアルコール濃度を急激に高めないために、

 

  • 空腹時に飲酒をしない
  • 水を出来るだけ多く飲んで水分補給を行う
  • ゆっくり飲む

 

といった方法から、今や都市伝説になりつつある飲酒前の牛乳など、様々な方法があります。

(牛乳はタンパク質が肝臓に役立つのではと言われています。)

 

悪酔いの防止の食べ物

また、飲酒前、飲酒中、飲酒後に具体的にどんな食品を食べると悪酔いの防止に効果的なのかも気になりますよね。

チーズ、ブロッコリースプラウト、トマト、しじみ、梅干し、はちみつ、牡蠣、たまご、生姜など多くの食材が対策として良いと評判です。

 

悪酔い防止の薬

さらに、もし運悪く悪酔い防止に失敗して二日酔いになってしまった時の対処方法も知識として知っておくといざという時に役立ちます。

 

頭痛や吐き気、下痢などの症状が出てしまった時にどのように対処したら良いのか?

その際に効果がある薬や食べ物やドリンクなどの活用方法も知っておいて損はありません。

 

例えば、薬の中ではLシステインが含まれているハイチオールCは特に悪酔いを防止する薬として有名ですね。

他にはミラグレーン錠、牛黄カプセル、求心、強力グットA錠などの医薬品を悪酔い防止に活用している人もいます。

 

悪酔い防止のドリンク

効果を継続的に体感できるか、費用対効果は高いかといった評価には個人差がありますが、

ウコンの力、ヘパリーゼ、ノ・ミカタ、カロリミット×ウコン、液キャベコーワV、水、スポーツドリンク、トマトジュース、グレープフルーツジュース、コーヒーなどのドリンクが二日酔いの防止や予防に使われています。

 

肝機能やお酒、二日酔いについてもっと知りたい!

悪酔い防止方法を知ったり、効き目のある成分やサプリを知ることで、お酒に強くなりたいという想いを実現することも夢ではありません

あと1杯か2杯でも多く飲めたらもっと楽しいのに、そんな風に日頃から感じている方もぜひ当サイトの情報を参考にしていってください。

 

これからの人生でお酒を飲む機会はまだまだたくさんあるだろうし、悪酔いを防止する手段や肝臓をケアする方法を持っておくと役立ちますよね。

お酒の強さを決めるアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは残念ながら生まれの遺伝で決まっています

それでも、悪酔いを防止する方法で間接的に後天的にお酒に強くなることは不可能ではないんです。

 

当ブログではそのような悪酔い防止、二日酔い症状への対処法などを幅広く紹介して効果のメカニズムなども成分ごとに解説しています。

お酒や二日酔いに関する関連情報を含め、悪酔い防止の他の方法についても勉強していきたいという時にはぜひ当ブログの他の記事もお時間のある時にチェックしていってください↓

 

ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキー、ウォッカ、梅酒、ビール、チューハイなど、お酒の種類によって悪酔いしやすいお酒があるのか、逆に悪酔いしないお酒や飲み方があるのかといった少し気になる情報もまとめていきます。

 

悪酔いを防止して後悔しないために私も色々な方法を試したきました。

その中で実際の使用体感として私が最も効果を実感することが出来ているのが、上記でも登場したゲンキウコンです。

  • 自分や夫の肝臓の数値が気になるようになってきた
  • 晩酌や飲み会でも翌日のことが不安
  • もっと純粋に楽しくお酒を飲みたい

そのような時には見ていってください。

 

 

 

 

公開日:
最終更新日:2017/09/29