二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

氷結ストロングが悪酔いしやすい原因と防ぐ方法とは

      2017/11/21

氷結ストロングが悪酔いしやすい?

氷結ストロングが悪酔いしやすいチューハイだと口コミでも評判です。

「ストロングゼロはさらにヤバい!」なんて意見も見受けられました。

 

サクッと悪酔いしたい気分の時に、氷結ストロングを有効活用している人も多いようです。

 

氷結ストロング1本2本で酔うことが出来れば、コストパフォーマンスも良いですもんね。

 

ただし、気持ちよく酔いたいだけなのに頭痛がしたり、頭がボーっとしたり、翌日の二日酔いが残るのは困るという意見もたくさんあります。

 

どうして氷結ストロングはネットでも話題になるほど悪酔いしやすいのでしょうか?

 

甘味料(アセスルファムK)が原因か

氷結ストロングのアルコール度数は9%と、ビールやチューハイと比べたら高いものの、ウイスキーやウォッカと比較すればそこまで高い度数とは言えません。

飲酒習慣がある人にとって9%のチューハイ1本で悪酔いしてしまうというのは、なかなか考えられることではありません。

 

そこで気になるのは氷結ストロングには含まれていて、通常の氷結には含まれていない甘味料(アセスルファムK)です。

 

肝臓の役割はアルコールを分解することだけではありません。

肝臓は人工甘味料のような添加物も分解して吸収するため働いています。

 

つまり、氷結ストロングには甘味料(アセスルファムK)が含まれていることで、肝臓のアルコール分解が追い付かなくなり、結果として悪酔いしやすくなっていると考えられます。

 

このアセスルファムKはノンアルコール飲料にも含まれていることが多く、肝臓が分解するときに悪酔いしたような感覚を引き起こすのかもしれません。

 

氷結ストロングによる悪酔いを防ぐ方法

「氷結ストロングで気持ち良く早く酔いたいけど、頭痛や二日酔いの症状が出るのは防ぎたい」

 

まず鉄則となるのは空腹時の飲酒を避けることです。帰宅後すぐにご褒美として夕食前に氷結ストロングを飲んでしまうと、血中のアルコール濃度があっという間に上昇して悪酔いの原因になりかねません。

食べ物は何でも良いのですが、チーズ、ドレッシングのかかったサラダなどを先に食べて脂肪分を取ることが出来れば理想的です。

 

お酒を飲むタイミングを少し我慢して調整するだけなのでお金もかかりません。

それで悪酔い防止につながるのですから、空腹時の飲酒を避けるという方法だけは絶対に守っていきたいところです。

 

もう1つ氷結ストロングによる悪酔いを防止する方法としておすすめなのが、飲酒前に肝機能の働きをサポートするサプリを飲むことです。

クルクミンが豊富なゲンキウコンを私は愛用しています。

 

「コスパ良く酔いたいだけなのにサプリなんて買っていられない!」

という方にとっても、1回32円から始められるサプリなので、コンビニで効果の実感できないドリンクを飲むより遥かにおすすめとなります。

 

「氷結ストロングが好きだけど、悪酔いは困る」

そんな時のサポート役としてゲンキウコンが活躍します。粒タイプのサプリなので、ドリンクと違ってお酒の味も邪魔しないし、氷結ストロングを飲む前の悪酔い防止策として取り入れることを検討してみてください。

 

>>>試しにゲンキウコンを実感してみる!

 - 二日酔い ドリンク ,