二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

悪酔いしない飲み方と食べ方のルールを徹底解説!

      2017/03/11

悪酔いしない飲み方・食べ方

悪酔いしない飲み方・食べ方を身に付けることで、しっかりと二日酔いを予防出来るようにしていきましょう。

実践しやすいものからなかなか難しい飲み方・食べ方まで様々ですが、取り入れられそうな方法があれば取り入れていってくださいね。

 

体調管理はしっかり

まず悪酔いしない飲み方・食べ方の大前提になるのが体調管理です。調子が悪い日や睡眠時間が短い日は、いつもより少量でも悪酔いしやすいため飲む量を自分でコントロールする必要があります。

強いお酒ばかり飲んでいると普段は大丈夫な2-3杯でも悪酔いしてしまったり、翌日に二日酔いを残してしまう可能性が高まります。

 

事前に空腹を避け・水分補給を行う

お酒を飲む時は空腹を避け、必ず何かを口にしてから最初の一杯を飲むようにしてください。飲み会などで乾杯が先になることが予想される場合には、その前にこっそりとコンビニなどに寄ってクエン酸が豊富な梅干のおにぎりなどを食べておくのも良いかもしれません。

また、アルコールの利尿作用によって飲めば飲むほど脱水していくため飲酒前に水分補給をしておくことで悪酔いを避けることにもつながります。真水でもスポーツドリンクでも緑茶でも牛乳でも何でもOKです。

 

サプリ・専用ドリンクを活用する

より確率高く悪酔い・二日酔いを防止するのであれば肝機能を高めるサプリや専用ドリンクを飲酒前に使用しましょう。

成分の力で肝臓の働きをサポートすることでアルコール・アセトアルデヒドの分解を促進し酔いを回りにくくすると同時に肝臓への負担も和らげてケアしてあげましょう。

ウコンの力やヘパリーゼのほか、クルクミンの含有量が豊富なウコンのサプリメントなどが定番でおすすめです。

 

サラダ・チーズから食べる

脂肪分にはアルコールの吸収を防ぎ遅くする効果があります。飲み会の時にもドレッシングがかかったサラダやチーズなどから最初に食べるようにすることで悪酔いを防ぐ確率を高めることが出来ます。

自宅でお酒を飲む場合でもおつまみとしてチーズやサラダ・ナッツ類などと一緒に飲むようにすると悪酔いしない飲み方・食べ方を実現出来ます。

 

水分補給を適宜行う

飲み会などではなかなか難しいかもしれませんが、お酒1杯につき水1杯を飲むという方法も悪酔いしない代表的な飲み方となります。

1杯につき1杯は無理でもせめて3杯につき1杯は水を飲むようにすると良いでしょう。水を挟んではお酒を楽しめないという声もあるかもしれませんが、悪酔いしない飲み方を本気で実践するのであれば必要なことと言えます。

飲酒後・就寝前、さらには翌朝にも水を飲むことで失った水分を補給し、すっきりした朝を迎えられるようになると思います。

 

飲む量を減らす

そもそも飲む量を減らすというのも一つの選択肢です。それでは楽しくないとか意味がないという方は上記の方法を実践すれば問題ありません。しかし、最も確実なのはいつもより飲む量を減らすという飲み方です。気分が乗らない日などは無理にたくさん飲んだりせず、少量で抑えることが出来るようになれば悪酔いする頻度も減ると思いますよ。

 

制限時間を設定する

お酒を飲む時間は飲み始めてから3時間まで、遅くても23時以降はお酒を飲まない。といった時間設定も効果的です。時間を決めることで必然的に飲む量を減らす効果が期待出来るし、夜何時以降はアルコールを口にしないと決めることで肝臓も翌朝までの時間を既存のお酒の分解だけに使うことが出来ますよね。

ただし制限時間を設けることでそれまでに急いで飲もうとしては逆効果となってしまいます。飲む量の制限と共に、飲むペースのコントロールも悪酔いを防ぐためには重要となります。

 

チャンポンしない

色々な種類のお酒を飲むチャンポンも二日酔いを起こしやすくします。ずっとビールだけ飲むよりも、ビール⇒ハイボール⇒モスコミュール⇒コークハイといった飲み方は酔いやすいので気をつけるようにしたいですね。

 

おすすめの方法は?

私がこれらの方法の中で一番おすすめなのは、飲む前の日中からしっかりと水分補給をしておく方法と、飲酒前のウコンサプリの使用、それから空腹時の飲酒を避ける飲み方と、飲酒後・就寝前に水を飲む方法です。

その場その場の状況に左右されずに誰でも簡単に実践出来る悪酔いしない飲み方・食べ方と言えるし、特に効果も高いと感じている方法です。

サラダやチーズを食べるとかお酒1杯につき水を1杯飲むというのは、その時の雰囲気や料理のメニュー、タイミングなどによって実現不可能ですよね。そういった方法に依存してしまうと失敗する可能性も高くなってしまいます。

だから、飲酒前の方法を中心に悪酔い対策は行っていくことが基本となります。サプリもドリンクと違って携帯しやすいため、カバンや財布に一包忍ばせておくことで便利に活用していくことが出来るので気に入っています。

 - 二日酔い 予防, 二日酔い ドリンク, 二日酔い 食べ物 , ,