二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

悪酔いしないお酒の種類と飲み方

      2017/10/05

アルコール度数よりも

悪酔いしないお酒の種類を知っておくことも、二日酔いを予防して楽しくお酒を飲んでいくためには大切なことです。

悪酔いしにくいお酒の基本ルールとなるのは「純度の高さ」です。

もっと分かりやすく言うなら「蒸留酒」は悪酔いしにくいお酒「醸造酒」は悪酔いしやすいお酒と言うことが出来ます。

 

蒸留酒は不純物を取り除くために原液や醸造酒を沸騰させてアルコール度数を高めたお酒で、例えばウィスキー・ウォッカ・焼酎・バーボン・ブランデー・ジン・ラム・テキーラ・泡盛などが挙げられます。

 

一方で醸造酒にはビールや赤ワイン・白ワイン・日本酒があります。ビールが悪酔いしやすいお酒なのは痛いところです。

不純物が多いと肝臓がアルコールを分解するまで時間がかかってしまうため悪酔いしやすくなってしまいます。

「アルコール度数の高さ」ではなく純度が大切なのは意外に感じるかもしれませんね。

 

1種類のお酒を飲み続けよう

また、色々な種類のお酒を順番に飲む「ちゃんぽん飲み」も悪酔いしやすいと言われています。

言い換えるなら悪酔いしない飲み方としては1種類のお酒だけを飲み続けることがおすすめとなります。

 

色々な種類のお酒を飲み続けることで飽きが来ないためたくさん飲み続けてしまえば、その分だけ悪酔いの可能性が上がってしまいますよね。

 

飲み会と二次会はビールだけ!

三次会で落ち着いた雰囲気になってきたら日本酒とワインをじっくり飲む!

なんて飲み方をしていると高確率で悪酔いしてしまいます。

 

ビールならビール、ハイボールならハイボールと決めて飲み続けることで飽きて来たら自然に飲むペースも抑えられます

あるいはその日はお酒自体をやめるというのも選択肢となるので悪酔い予防には良いのですね。

 

色々なお酒を飲むのが楽しみだけど悪酔いしてしまって悩んでいたという方は、少し飲み方を変えてみることで改善出来るかもしれませんよ。

もちろん1種類のお酒でも飲みすぎれば悪酔いの原因となってしまいます。

蒸留酒ならずっと飲み続けてOKというわけではなく、ある程度は自分でも量やペースをコントロールすることが出来れば理想的です。

 

「ややこしいことを考えたくない!」

という場合には肝機能の働きを助けるサプリを飲酒前に一包飲むという方法が一番簡単です。

1回あたりプラス32円でしっかり悪酔いを予防できるなら、全然良いですよね。

>>>1回あたり32円で始めるゲンキウコン

 - 二日酔い 予防 ,