二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

二日酔い防止に効果的な薬6点とサプリ・ドリンク3点を紹介

      2017/10/05

二日酔い防止に薬を

二日酔いを防止するために効果的な薬も知っておくと安心です。

毎日の体調管理やドリンク・食べ物・サプリなども悪酔い防止のためには役に立ちますが、それよりも薬の方が効きそうだと感じている人も多いですもんね。

悪酔いしてしまった翌日の後悔・罪悪感(やってしまった感)を今後は繰り返さないように、二日酔いに対して効果が期待出来たり、口コミでも人気が高く体感出来ている人が多い薬を見ていきましょう。

 

二日酔い予防に効果的な薬

ハイチオールCプラス(第3類医薬品)

まず最も代表的な薬となりつつあるのがハイチオールCプラスです。効能として二日酔いが明記されている頼りになる薬となります。

成分として含まれているL-システインには肝臓の解毒効果を高める作用があり、悪酔いの原因物質となるアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。

ハイチオールCプラスを飲むタイミングとしては飲酒前30分に2錠、飲酒後すぐに2錠という飲み方がおすすめです。

 

ミラグレーン錠(第3類医薬品)

45錠で1600円、1日6錠と価格が高めですが、安くないけど高すぎずという価格帯の薬の中では特に人気が高い薬だと思います。

成分には牛黄(ごおう)が含まれていますが、この牛黄の中には肝臓を保護する役割がある胆汁酸が含まれていて、それが二日酔いを予防する上でも効いてくるということなんですね。

牛黄は漢方なので天然成分でもあります。そんな牛黄が含まれているという点では、ミラグレーン錠よりも効果が凄いと評判の薬もあります。

 

牛黄カプセル(第3類医薬品)

名前に牛黄と入ってしまっている薬が牛黄カプセルです。2カプセルで1500円程度する超高級な二日酔い防止薬です。

ミラグレーン錠が6錠で牛黄0.9mgであるのに対し、牛黄カプセルは200mgです。ネットで口コミを探してみると凄い評判が出てくるのですが、お酒が水になるとか、20-30杯飲んでも二日酔いにならず翌朝の目覚めもすっきりですぐに行動出来るくらい効果を体感出来ている人もいる薬です。

明日は絶対に二日酔いにはなれない、でも今日お酒をたくさん飲まないといけない、、、

そんな時の切り札的な存在として牛黄カプセルを持っておくと良いかもしれません。夜遊びが大好きな六本木や銀座のお金持ちが毎日使っていそうです。

 

ノ・ミカタ(サプリメント)

薬ではなくサプリメントですが好評なのがノ・ミカタです。一言で言ってしまえばアミノ酸のサプリメントなのですが、アラニンが含まれていてアセトアルデヒドの分解を助けることに役立ちます。

ドリンクタイプ以外にもスティックタイプも発売されており、携帯しやすいのも人気のポイントです。

ドリンクタイプは1本あたりアラニンが5000mg、スティックタイプは1本あたりアラニンが1400mgと差が大きいです。

スティックタイプを携帯しつつドリンクを購入出来る時はドリンクを購入して活用するという方法が良いと思います。

アラニンははまぐりやしじみに含まれている成分なので二日酔いにも期待出来そうですよね。

 

他の薬

他の薬としては第2類医薬品の求心や、第3類医薬品の強力グットA錠にも牛黄が含まれています。今では製造が終了してしまったのですがプロヘパールという薬も2016年まではありました。牛や豚などの哺乳類の肝臓から作られる薬で肝臓の働きを助ける作用がある薬でした。

ここからは薬ではありませんが、定番のドリンク類も簡単に見ていきましょう。

 

薬ではないけどドリンク類も

ヘパリーゼ

最近ではウコンの力よりへパリーゼの方が人気が高いかな?という感じがしています。

新ヘパリーゼドリンク、新ヘパリーゼプラス、ヘパリーゼゴールドなどの種類があって、効能には二日酔いとありませんが、肝臓水解物が含まれておりアルコールの分解を助けます

(確かお店によっては医薬品として売り出されているところもあったような気がします。)

肝臓水解物は哺乳類の肝臓から作られており、製造が終了したプロヘパールとイメージとしては似ているかもしれませんね。

へパリーゼは全ての成分が天然由来成分なので、気にするタイプの人にとっては安心かもしれません。

ヘパリーゼは錠剤型の「ヘパリーゼZ」というサプリも通販限定ですが販売をしています。

もしヘパリーゼZに興味がある方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ヘパリーゼZで二日酔い対策!錠剤型サプリを発見!

 

ウコンの力

もっとも手軽でコンビニでも購入することが出来るのがウコンの力です。

ウコンに含まれるクルクミンには胆汁分泌を促進する作用があり、胆汁にはアセトアルデヒドの代謝を助ける作用があるため、ウコンの製品を使用することで悪酔いを防ぐことが出来るのではということになります。

ウコンの力、ウコンの力顆粒、ウコンの力スーパーがラインナップされていますが、二日酔い予防の薬を家に忘れてしまい薬局も閉店した時間になってしまった帰りの最後の選択肢としてウコンの力をコンビニで買うと良いと思います。

 

ウコンにも色々ある

ウコンの力がお馴染みのドリンクとなったことでウコンが効くとか効かないとか時折ネットでも話題になることがあります。

ウコンの力の口コミでの評判も様々ですが「ウコンの力=ウコンの全て」というワケではもちろんありません。

ウコンには50種類を超える種類があってクルクミンの含有量も様々です。「秋ウコンホワイト」というサプリもありますが、秋ウコンはクルクミンの含有量が豊富だし、さらに秋ウコンの14倍もクルクミンが含まれているクスリウコンから作られているサプリもあります。

 

二日酔い予防として最も定番の食品としてウコン(成分のクルクミンはあまり有名ではありませんが)が認知されているのは、それだけ効果というか期待が大きいということではないでしょうか。

ウコンの力を飲んでみてダメだったとか体感出来なくなってきたという方でも、ウコン製品は他にもたくさんあります。

だから、ウコンは効かないというレッテルを自分の中で貼ってしまうことなく、王道を極めるというか原点回帰というか、他のウコン製品も試してみると手頃で継続出来る二日酔い予防アイテムに出会えるかもしれませんね。

私はクスリウコンから作られたサプリで1番人気が高いすこやか工房のゲンキウコンという製品を愛用しています。

二日酔い知らずになって、毎日朝から元気に過ごすことが出来るようになっています。

>>>ゲンキウコンの限定キャンペーン情報はこちら!

 - 二日酔い 薬 , ,