二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

二日酔い対処で頭痛を治す!原因と治し方を3つ紹介

   

二日酔いで頭痛になる原因と対処方法

二日酔いで頭痛が残ってしまうと朝から本当に辛いですよね。しっかりと二日酔い予防を行うことが出来ずに頭痛を残してしまった場合の対処方法も見ていきましょう。

まずは二日酔いで頭痛が起きる原因も簡単に知っておきたいですね。

 

二日酔いで頭痛が起きる原因

血管拡張作用・アセトアルデヒドが原因

まずは何といってもアルコールによる血管拡張作用が最大の原因として挙げられます。

さらに肝臓による分解が間に合わず悪酔いの原因物質である強い毒性を持つ「アセトアルデヒド」が血中に多く残ってしまうと、血液に多くの酸素を送りこもうとして血管の拡張を引き起こし頭痛の症状の原因にもなります。

脱水症状が原因

また、アルコールが持つ利尿作用の働きによって脱水症状が引き起こされると脳も水分を失い収縮し神経に刺激を与えて頭痛を引き起こす原因となります。

 

頭痛に対処する方法

二日酔いで頭痛になる原因が分かれば、後はその原因を取り除くように対処していくだけです。

自分の中で原因が推測出来るような場合には対処もより簡単になってきます。

血管を収縮させる

アルコールによる血管拡張作用が原因で頭痛を引き起こしている場合には、血管収縮作用のあるカフェインがおすすめです。朝起きて二日酔いによる頭痛が起きている場合にはコーヒーを飲んで症状が改善させるか様子を見ましょう。

しかしカフェインには利尿作用もあるため脱水症状によって頭痛が起きていると考えられる場合には水分補給を行ってからコーヒーを飲むようにしてくださいね。

また、冷えたタオルを首筋に当てる方法もおすすめの対処方法として挙げることが出来ます。

 

アセトアルデヒドの分解を促す

基本的には肝臓の働きによってアセトアルデヒドが分解されるのを待つしかありません。しかし、少しでも即効性を上げたい場合にはアセトアルデヒドの分解を助ける成分を積極的に活用していきましょう。

タウリンや、あるいはウコンに含まれるクルクミンにはアセトアルデヒドの代謝を助ける胆汁の分泌を促進する作用があるためおすすめとなります。オルニチンが豊富に含まれたしじみの味噌汁なども二日酔いの頭痛対処としては良い方法です。

また、はまぐりに豊富に含まれるアラニンもアセトアルデヒドの血中濃度を低下させる作用があります。アラニンを含んだ二日酔い防止ドリンクのノ・ミカタをコンビニや薬局で購入するのも良いですね。

 

水分補給を行う

お酒を飲んだ翌日に必ず行いたいのは水分補給です。先述したようにアルコールには利尿作用があり、たくさん飲んでいるようで実はその4倍の水分を失うとも言われています。

朝起きて頭痛がする場合には水分補給を行い血中のアルコール濃度を少しでも下げるようにすると症状の改善にもつながります。ナトリウムやカリウムを補充出来て体内に水分を維持することに優れたスポーツドリンクが特におすすめです。もちろんスポーツドリンクがない場合には水でも構いませんよ。

 

二日酔いは予防しよう

二日酔いで頭痛になってしまうと一日での出だしが台無しになり、飲みすぎたことを後悔したり気持ち的にも暗いスタートになってしまいますよね。上記で紹介した方法を実践することで上手くいけば症状がスムーズに改善しますが、どれも必ずしも即効性がある方法というわけではありません。

これからはそもそも二日酔いにならないように飲みすぎないようにしたり、飲酒前・飲酒中・飲酒後・寝る前の二日酔い予防方法を知識として知っておいたり、あるいは二日酔いの予防に役立つドリンクやサプリなどを常備しておくことで同じ失敗は繰り返さないようにもしていきたいですね。

 - 二日酔い 対処 , ,