二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

二日酔い予防に効くドリンク10選とおすすめ2選

      2017/03/11

専用ドリンクで二日酔い予防

二日酔い予防ではドリンクでも定番の商品がたくさんありますよね。今回は中でも代表的な二日酔い予防に使えるドリンクを紹介したいと思います。ドリンクタイプの製品は、お酒をたくさん飲めるようになるというよりは翌日の二日酔い予防を防ぐ上で役立つものが多いように私は体感しています。

 

ウコンの力

まず何と言ってもウコンの力を忘れるわけにはいきません。コンビニで買えるジュースと言えばそうなのですがウコンに含まれるクルクミンには肝機能を高める効果があって、悪酔いの原因物質アセトアルデヒドの代謝を助ける上で役立ちます。

ウコンの力顆粒やウコンの力スーパーなどもラインナップされていますね。女性でも飲みやすいようにカシス味で作られたピンクのボトルの製品も最近では売られています。

 

ヘパリーゼ

ヘパリーゼは第2類医薬品に属するためコンビニで購入することは不可能です。しかも効能に二日酔いとあるわけではないのに二日酔い予防に効くと口コミで広がってしまった実力派です。

肝臓エキスが含まれていて肝臓の働きを助けてくれる他、コンドロイチンやウコンエキスも含まれています。

ヘパリーゼプラス、ヘパリーゼゴールド、ヘパリーゼWハイパーなどの製品がラインナップされていますね。薬局に行かなければ入手出来ない点がデメリットですが、飲み会前に準備出来るなら準備しておきたい製品の1つです。

 

ノ・ミカタ

ノ・ミカタはしじみに含まれている栄養素であるアラニンを含んでいる点が最大の特徴の一つです。しじみはウコンと並んで二日酔い予防の2トップの食品なのでお好みで使い分けてみてはいかがでしょうか。アラニンはアミノ酸なので翌日も元気が出るかもしれませんね。

 

カロリミット×ウコン、液キャベコーワV

カロリミット×ウコンは、名前の通りカロリーを意識しつつウコンに含まれるクルクミンを活用したドリンクです。カロリーを抑えつつ飲み会を楽しみたい女性向けの製品だと思います。

ウコンやコウジンが含まれている液キャベコーワVは計7種の生薬が含まれており、栄養ドリンクのような感覚に近いかもしれません。

 

普通の飲み物で二日酔い予防

ここからは二日酔い予防専用のドリンクではなくて、普通の飲み物、もっと身近な飲み物の中で悪酔い防止に役立つものを紹介していきたいと思います。

 

水を飲む

まず忘れてはいけないのが水です。水分補給を欠かさずに行うことで脱水症状を防ぎ、血中のアルコール濃度を抑えるように意識することは大切です。

飲み会の途中で水を挟むのは難しいかもしれませんが、飲酒前・飲酒後・就寝前・翌朝の水分補給はしっかりと行うようにしたいですね。

 

スポーツドリンク

スポーツドリンクをお酒と一緒に飲むと酔いが周りやすくなって危ないと思っている方は多いと思います。

しかしスポーツドリンクは水分補給としてもしっかりと役割を果たすし、同時にミネラルなどの栄養素やアルコール分解に役立つ糖分も摂ることが出来るので、実は水より役に立つのですよ。

大学生の中には不純な動機で女子にスポーツドリンクを飲ませようとする人もいますが、実はその意味では逆効果なんですね。

いずれにせよスポーツドリンクは飲み会の席に持っていきにくいのが難点かもしれません。

 

トマトジュース

こちらも飲み会の席に持っていくのは難しいですが、トマトジュースも悪酔い防止に良いとされています。トマトに含まれるリコピンがアセトアルデヒドの生成を抑える作用がありますが、成分単体では効果は確認されておらず、あくまでトマトジュースとして飲むことで二日酔い予防に効果を発揮してくれるようです。

 

グレープフルーツジュース

グレープフルーツに含まれるクエン酸は肝機能を高める効果がある他、グレープフルーツジュースには果糖も含まれているためアルコールの分解に役立ちます。

 

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させる作用があるため二日酔いの頭痛を和らげる効果が期待出来ます。

(二日酔いの頭痛はアルコールの作用で血管が拡張し神経を刺激することで引き起こされるからです。)

 

おすすめは?

この10点の中で個人的におすすめなのはヘパリーゼと水です。専用ドリンクは正直個人差も大きいと思いますが、個人的にはヘパリーゼが一番二日酔いの予防を体感出来ています。

水は基本中の基本なので二日酔いを本気で予防したいならお酒と一緒に飲むように意識したいくらいです。飲酒前と飲酒中でも3杯に1杯くらいは水を飲み、飲酒後と寝る前にも1杯ずつ水を飲めば二日酔いになるとしてもだいぶ和らげることが出来るかなという感じです。

 

ドリンクのデメリット

最後に良いところばかりではなくドリンクのデメリットも確認しておきましょう。ここまで二日酔いの予防に効果的なドリンクを紹介してきましたが、実際に使用しているところをイメージしてみるとわかるようにドリンク類のデメリットとして

  • 飲み会の場合はそもそも準備しづらい
  • 飲酒前に飲むことでお酒の味を邪魔しそう
  • 飲酒前に飲むとお腹が一杯になりそう
  • 純粋にお酒を楽しめなくなりそう
  • 携帯しにくい

といったデメリットがあります。それでも実際に活用していく中で効果が体感出来れば良いのですが、場合によっては食事やサプリなどでもっと簡単に二日酔い・悪酔いを防止することも選択肢として検討していきたいですね。

 - 二日酔い 予防, 二日酔い ドリンク , ,