二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

二日酔い予防にウコンを飲むタイミングやおすすめサプリ

      2017/03/11

ウコンは定番の二日酔い予防アイテム

二日酔いを予防する食品・ドリンクやサプリメントとしてウコンは定番中の定番ですよね。ウコンの力をはじめとして様々な製品がコンビニや通販でも発売されています。ウコンやウコンの成分が持つ二日酔い予防への効果やベストの飲むタイミング、おすすめの製品などを見ていきましょう。

 

ウコンの効果について

ウコンが二日酔い予防に効果的なのはウコンに含まれる「クルクミン」という成分のおかげです。クルクミンは一部のしょうがを除いて基本的にはウコンにしか含まれておらず、二日酔い予防にはウコンという立ち位置を確立しているのもクルクミンが入っているからこそと言えます。

クルクミンによって肝機能が広く高まりアルコール・アセトアルデヒドの分解がスムーズに行われるようになるため、二日酔い・悪酔いしにくくなる効果が得られます。二日酔いは肝臓のアルコールの分解速度を上回るペースでお酒を飲むことで引き起こされますが、クルクミンを摂ることによって胆汁分泌が促進されることでアセトアルデヒドの代謝が進むため酔いが回りにくくなります。

ウコンに含まれるクルクミンには肝機能を高める効果のほかにも抗酸化作用や抗炎症作用、アンチエイジング作用やコレステロールを下げる効果・動脈硬化を予防する効果が期待でき、お酒をよく飲む年代の多くの方にとって非常に助かる効果を持ち合わせています。

 

飲むタイミング

ウコンの製品を使用する場合、飲むタイミングは基本的には飲酒前がベストとなります。飲酒前に使用して肝機能を高め、アルコール・アセトアルデヒドの分解機能を高めておくことで悪酔いを防ぐ効果が狙えます。

即効性が高いのはドリンクタイプですが、ドリンクタイプを飲酒前に飲んでしまうと喉の渇きが潤ってしまい、お酒の最初の一杯が美味しくなくなってしまうかもしれませんね。

粒タイプなどのサプリはクルクミンの含有量が豊富でドリンクタイプと違って飲みやすいことがメリットですが、本気で二日酔い予防を行うなら飲酒30分前から1時間前に飲んでおく必要がありタイミングが難しいかもしれません。

ドリンクタイプ・サプリタイプの双方にメリットデメリットがありますが、細かいタイミングまで意識しなくても飲酒前に飲むように意識することが重要でしょう。

 

また普段からお酒が習慣になっていて、二日酔いというよりは朝の胃もたれなどに悩んでいる場合には飲酒後に使用する方が良いと言われています。ウコンには整腸作用もあるので、飲み会で荒れそうな胃腸を飲酒後に整える効果が狙えます。

飲酒後に酔いが酷い場合には即効性のあるドリンクタイプを使うと良いかもしれませんね。余裕があるときはサプリタイプを使ってじっくりと翌朝までにアルコールを分解させるようにすると良いかもしれません。

ちなみにウコンを使って肝機能が高まったことで飲酒量が増えてしまい、いつも以上にお酒を飲んだことで結局二日酔いになってしまうケースもありますよね。そういった失敗も繰り返してしまうようであればウコンは飲酒後に使用した方が飲酒量自体は増えないため良いでしょう。ただし、酔ったせいで飲酒後にウコン製品を飲むことを忘れないようにしたいですね。

 

おすすめのウコンサプリ

二日酔い予防として人気が高いウコン製品にはウコンの力をはじめとするドリンクタイプの他にも、粒タイプのサプリなど様々な商品が登場しています。

数あるウコン製品の中で特におすすめなのが「クスリウコン」から作られているウコンサプリです。ウコンにも50を超える種類があり、クルクミンの含有量も様々です。一般的な二日酔い予防のウコン製品は秋ウコンというクルクミンが豊富に含まれているウコンが使用されている場合がほとんどです。

しかしクスリウコンは秋ウコンの14倍のクルクミン含有量を誇ります。ウコンの力などで体感できない場合が増えてきていると感じる場合には、クスリウコンから作られたサプリを携帯するようにすると安心かもしれません。

ドリンクタイプと違って持ち運びが簡単で、いつでもサッと飲むことが出来るのは大きなメリットです。飲酒前でも飲酒後でも目的に応じて活用するようにしていきたいですね。

 - 二日酔い 予防, 二日酔い サプリ, 二日酔い ウコン , ,