二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

二日酔いに対処する食べ物を紹介!朝食にはこの食材を

   

朝食で二日酔いを対処する

二日酔いになってしまった翌朝の朝食にはどんな食べ物を摂るようにすると良いのでしょうか。二日酔いを対処して早く治す上で効果的な食べ物を具体的に見ていきましょう。

二日酔い対処として効果的な食べ物は二日酔いの予防としても効果的なので、これからは予防の段階からしっかりと役立てていくようにもしたいですね。

 

しじみの味噌汁

二日酔いになってしまった翌朝の朝食にぜひ準備したいのはしじみの味噌汁です。しじみに含まれるオルニチンには肝機能を高める効果があり、アルコール分解を活性化させる作用があります。

また、味噌に含まれるコリン・レシチンにはアルコールが脂肪として肝臓に蓄積されることを防ぐ効果があります。

 

梅干

梅干に含まれるピクリン酸には肝臓の働きを活性化する作用があります。また、飲酒によって酸性に傾いた血液を整える効果もあるほか、胃の粘膜を保護・修復して不快感を和らげる上でも役立ちます。

お茶に含まれるタンニンは肝機能を高めてアルコール分解を促進する作用があります。梅干を乗せたお茶漬けなども朝食としてはピッタリかもしれませんね。(和食)

 

はちみつ

はちみつに含まれる果糖にはアセトアルデヒドの分解を促進すると言われています。頭痛の症状が出てしまった時にもはちみつが良いとされています。

二日酔いの頭痛に対処する上ではコーヒーも効果的です。アルコールの血管拡張作用によって頭痛が起きた場合にはカフェインによる血管収縮作用が頭痛を和らげる上で役立つからです。しっかりと水分補給をした上で朝コーヒーを飲むと良いでしょう。

パンにはちみつを塗ったトーストにコーヒーという朝食も二日酔い対処としてとても良いと思います。(洋食)

もしはちみちだけを飲むならスプーン1杯ほどの分量でも十分効果的ですよ。家でお酒を飲む時は飲酒前後にもはちみつは活用しやすいと思います。

 


柿にはお茶と同じタンニンが含まれているほか果糖も豊富で肝臓の代謝機能を高めます。また柿に含まれるカタラーゼにはアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。柿にはビタミンCも豊富に含まれており肝臓の働きを助ける作用がありますが、タバコはビタミンCを破壊してしまうので喫煙者は二日酔い対処として柿を食べる際は我慢した方が良いかもしれませんね。

 

他の食べ物

トマト

トマトに含まれるリコピンはアルコールを分解する働きがある酵素として知られています。

たまご

卵黄に含まれるシステインにはアセトアルデヒドの分解を促進する作用があります。白身のタンパク質も肝臓にとって重要です。

牡蠣

牡蠣には栄養ドリンクではお馴染みのタウリンが豊富に含まれています。肝臓の脂肪代謝を促進する効果があるため牡蠣も二日酔いの対処としてはおすすめの食べ物となります。

牡蠣は毎日は難しい食べ物かもしれませんが、コンビニでタウリンが入った栄養ドリンクを買うのは1つの良い方法だと思います。また、トマトやたまごなどは活用しやすい食べ物なので、他に上述した食べ物と一緒に朝食に並べたい食べ物と言えるかもしれませんね。

 - 二日酔い 対処, 二日酔い 食べ物 , ,