二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

二日酔いになりにくい方法まとめ!飲む前・飲酒中・飲んだ後

   

お酒を飲む前が1番大切!

二日酔いになりにくい方法にはこれから紹介するようにたくさんの方法がありますが、中でも最も大切になってくるのはアルコールを飲む前に行う方法です。今日はお酒を飲む、飲み会などでたくさん飲むということが確定している場合には最初の一杯を楽しみにしつつしっかりと悪酔いを防止するための方法を実践していきましょう。

まず重要なのは前日の睡眠時間です。肝臓は寝ている時にしっかりと働いてくれますが、睡眠時間が短ければその分だけ残業状態となってしまい、翌日になっても疲れが残ってしまいます。するといつもと半分の量でも悪酔いしてしまったり、「これだけでこんな苦しいことになるとは」という事態にもなってしまいがちです。

同様に風邪気味の時もアルコールを分解するための肝機能は低調になるので、日頃の体調管理には気を付けたいですね。

 

そして、次に意識しておきたいのは日中の水分補給です。お酒を飲み始めると利尿作用で身体の水分は減る一方で血中のアルコール濃度がどんどん高まっていってしまうため、身体の水分を極力減らさないように日中の時点からしっかりと水分を取っておきましょう。朝も昼もコーヒーを飲むという方はコーヒーの利尿作用によって水分がさらに減りやすい状態にあるのでなおさらです。

 

次に飲酒30分ほど前にゲンキウコンなどの肝機能をサポートするサプリを飲んでおくと盤石です。ドリンクやサプリや薬など様々な商品がありますが、自分が効果を体感出来る製品(お金を払う価値があると感じるほどの製品)を見つけることが出来ると安心して飲み会にも臨めます。

健康診断の結果が悪くなれば家族にも心配をかけてしまうし、肝臓をサポートするような成分・栄養素はサプリなどで簡単に摂っておきたいですね。二日酔いになりにくい方法を実践することが肝臓を守ることにも間接的につながってきます。

 

飲酒中に大切なこと

続いて二日酔いになりにくい方法として飲酒中に意識したいことを押さえておきましょう。

まず、空腹時の飲酒を避けるために必ずおつまみや夕食を少し食べてからお酒を飲み始めることが鉄則です。すきっ腹にアルコールを入れてしまうと2倍は悪酔いしやすくなると思います。乾杯が先でも一口程度に抑えて必ず食事を口に入れるようにしてください。

そしてお酒は食べながら飲むようにすることも基本です。要するに食べる前や食べ終わってからたくさん飲むパターンは良くないということです。何か食べながら飲むという文字通りのことを意識するだけでもだいぶ結果は変わってきますよ。

そして、気が向いた時に水で良いので水分補給を行うことも重要です。このあたりは途中でお冷を挟むとつまらなくなってしまうという性格もあるかもしれませんが、本当に気がついた時で良いので水を飲むようにすると身体がラクになりますよ。

 

飲み終わった後の悪酔い防止方法

最後にビールを飲み終わった後の悪酔い防止方法ですが、水分補給をしっかりと行って早く寝る。これに尽きます。さらに二日酔い対策のサプリやドリンクを飲むのも絶対に悪酔いを予防したい時にはおすすめの方法です。

お酒を飲むと感覚がマヒしてお腹が空いてくることもありますが、その場合でもしじみ・あさりの味噌汁や柿ピーなど二日酔い対策として効果的なものを食べるようにすると効果的です。また夜遅くまで飲み直してしまったりすると二日酔いになりにくい方法としては逆効果になってしまうので、さっさと寝てしまうという意識づけが何より大切だと思います。

 

基本的にサプリを活用するかしないか以外は当たり前のような方法だったかもしれません。とはいえ、肝機能は年齢を重ねると衰えていくので、今までは大丈夫だった量でダメになってきたりもします。

肝臓機能をサポートする成分をサプリや食事からいつもより多めに取ったり、肝臓に余計な負担をかけないためのようにするための飲む前・飲んでいる時・飲酒後の簡単な工夫は欠かさず行っていきたいですね。

 - 二日酔い 予防 , ,