二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

お酒飲んだ次の日に運転して良いのは何時間後から?

   

アルコールが分解されるまでの時間

お酒を飲んだ次の日に運転して良いのはお酒を飲んでから何時間後なのでしょうか?

人によって個人差がありますが、体重が60kgの男性の場合を例に見てみましょう。この場合、血中または呼気中のアルコール濃度が抜けるまで、1単位あたり3~4時間、2単位で6~7時間、3単位で9~10時間、4単位で12~13時間ほどかかるとされています。

1単位の目安はエタノール20gで、具体的にはビール大瓶1本・焼酎(25%)120ml・ワイン400ml・ウイスキーダブル60ml程度です。

 

よほどの酒豪でなければなかなか3単位は超えないのではないかと思うのですが、想像以上にアルコールが抜けるまでに時間がかかるという印象を持った方もいるかもしれませんね。

 

寝て起きればOKではない

アルコールが分解されるまでの時間制約があるということは、夜中までお酒を飲むと朝の8時に車を乗ってはいけない事例もあるという事です。実際、深夜にお酒を飲んで一睡した後、早朝に酒気帯び運転で検挙された事例もあります。こうなると、

「ちゃんと寝た」

は本当でも言い訳にならないので大変ですよね。違反点数は呼吸中アルコール濃度が0.15 mg以上で13点、0.25 mg以上で25点と、飲酒運転への罰則はどんどん厳しくなってきています。努めている企業によっては一発でクビということもあるかもしれません。

 

お酒を飲んでも夜寝て朝起きればその時点でリセットされるという風に無意識で思っている方が大半だと思いますが、そういうわけではないということを一応知識として入れておきましょう。

興味や不安がある方は自分でアルコール濃度を測定出来るアルコールチェッカーも販売されているので、1つ持っておくと安心かもしれませんね。

 - お酒・アルコール・アセトアルデヒド , ,