二日酔い・悪酔いの予防・防止に効果的な方法は?

肝機能を高めるウコンのサプリで悪酔いを防止

*

お酒が原因の肝臓の病気の予防方法と治し方

   

アルコールが原因の肝臓の病気

お酒を飲み過ぎると肝臓の病気にかかる可能性が高くなると言われています。

  • 飲酒によって起こる肝臓の病気にはどんな病気があるのか
  • 肝臓の病気を発症してしまったらどうすれば治していくことが出来るのか
  • 毎日の生活の中で予防するためにはどんな方法が効果的なのか

といったことを確認していきましょう。

 

脂肪肝

飲酒を習慣にしていると誰にでも起こりうるのが脂肪肝です。アルコール性の肝臓の病気の最も初期的なものが脂肪肝と言われています。脂肪肝には症状が出ることが少ないため自分では気づきにくく、会社の健康診断がきっかけとなったり腹部超音波検査で見つかる場合がほとんどです。

脂肪肝は文字通り肝臓に脂肪がたまった状態です。肝臓に肝細胞の30%以上の異常なまでの脂肪がたまってしまうと脂肪肝と診断されます。悪酔いの原因物質であるアセトアルデヒドが脂肪の分解を抑制し、中性脂肪の原料である脂肪酸の合成を高めるため脂肪肝となってしまいます。

糖尿病や肥満体型の人は飲酒習慣の有無に関係なく脂肪肝になりやすいと言われているので、健康的な食事や運動習慣を維持することがいかに大切か改めて痛感せざるを得ません。

脂肪肝の段階であれば断酒を1ヶ月程度継続することで治ると考えられています。お酒によって肝臓の病気が引き起こされてしまう方の多くは既にアルコール依存に陥っているケースがほとんどです。1ヶ月の断酒は考えられないという方もいるかもしれませんが、心療内科などの手助けも受けながら脂肪肝の段階で症状の悪化を食い止めるようにしていくべきでしょう。

 

アルコール性肝炎

脂肪肝の状態を放置し大量の飲酒を続けることでアルコール性肝炎へと症状が悪化します。アルコール性肝炎になると腹痛・発熱・黄疸・食欲不振・倦怠感・右上腹部の鈍痛・腹水・むくみといった症状が現れはじめ、肝炎が急激に悪化する重症型アルコール性肝炎に発展してしまうと肺炎や急性腎不全、消化管出血などを引き起こし最悪の場合は死に至ります

アルコール性肝炎はアルコールの過剰摂取によって肝細胞が壊死して炎症することで引き起こされます。脂肪肝にかかった段階で断酒を行わずにいると、10%から20%がアルコール性肝炎まで発展してしまいます。アルコール性肝炎になって初めて肝臓が病気になっていると気づくケースもあります。

アルコール性肝炎になると禁酒だけではなく入院しながらの治療を行った方がより確実な治療を実現出来ます。

 

肝硬変

お酒による肝臓の病気の最終段階が肝硬変です。肝硬変は肝細胞が壊死と再生を繰り返した結果、線維状になり肝臓が小さく硬くなった状態を指します。(症状を画像で確認するとイメージがよく分かるかもしれません。)

腹水・黄疸・吐血・吐き気・腹部膨満感・全身倦怠感・腹痛・意識障害などの症状が出ます。

肝硬変まで症状が進行してしまうと治らないと言われていますが、諦めずに断酒を続けることで症状が改善されることもあります。諦めずにお酒を断つ習慣を作り続けていくべきでしょう。

 

症状の早期発見のため血液検査を定期的に

肝臓は「沈黙の臓器」と言われており脂肪肝の段階では症状がほとんど無いため肝臓の病気を早期発見しづらく、アルコール性肝炎になってからでは時既に遅しということにもなりかねません。

お酒を習慣化している方は肝臓数値に異常がないか確認するために血液検査も定期的に行っていくべきでしょう。AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GTPといった数値の中でも特にγ‐GTPの数値が基準値より高いとアルコールの飲みすぎが疑われます。ただのお酒の飲みすぎの段階で対策を始めることが出来れば最も理想的ですよね。

 

お酒を減らし休肝日を作る

肝臓の病気を事前に予防するためには日頃から飲酒量をコントロールして、週に2日ほどの休肝日を作ることが鉄則です。

もちろん運動習慣を作り栄養バランスの整った食習慣を継続することも大切になります。

飲酒量の目安は日本酒なら1日2合まで、ビールなら大瓶2本まで、焼酎は1.2合まで、ワインは多くてもグラス4杯まで、ウイスキーは120mlまでとなります。女性は男性よりアルコールに弱いため、この目安のさらに2/3程度までに留めるようにしてください。

1日の目安が分かれば7倍すれば一週間の安全圏の目安量が分かりますよね。自分の飲酒習慣を振り返ってみてオーバーしているのであればアルコール量を減らすか、休肝日を作るようにしてください。

 - 肝機能・肝臓数値・病気 , ,